見出し画像

社長お休みします! 〜法人成りを検討するフリーランスの方へ 〜

・はじめに - 大切なお知らせ

私オオカワマリは2012年に友人と共に設立したPOKET株式会社の代表でもあるのですが、6期目終了の2019年4月30日を持って弊社を一旦休止させていただくこととなりました。
一昨年の末ぐらいより検討し始め、5期目終了と共に方針を決定して準備を進めてき、予定通りにクローズ作業に入っています。

お世話になった皆様、この場を借りて心より御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

また、このnoteもPOKETの事業としてmemeという名目で様々なテック情報の啓蒙を行なっていく活動の一環で書いてまいりましたが、memeの活動も会社の休止と同時に一旦グループは残したままお休みさせていただきますので、今後このnoteはオオカワマリ個人としてマイペースに更新してまいります。

ご理解いただきますと共に、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

・このnoteで伝えたいこと
フリーのデザイナーである私が会社を作る&休止するという経験を通して学んだことの備忘録です。

ちなみに
「負債をん十億抱えて…!!」
「創業者同士の確執…!!」
…........
なんてドラマティックな話は一切でてきません (笑)
創業者同士何ももめていませんし、なんなら今もフリーで組んで仕事をしてます。

ドラマティックでもなんでもありませんが、主に同業者のフリーランスの方で法人成りを検討している方の参考になればと思っています。

=======

・創業に至る経緯

弊社POKETは元々クリエーターのユニットのような形からスタートしました。
それぞれフリーで活動していたデザイナーやエンジニア同士で組んで仕事をすることが増えてきたので、法人格が一個あると便利なのではないかな?といったような理由で、割と気軽に作った感じです。
そのため、会社と並行してフリーであったり、別の会社の社員になったり、というようなスタイルで働いてきました。

=======

・休止に至る経緯
創業した理由の1つに、弊社が設立した6年前は法人格がないと取引が面倒な会社さん等が多数ある、という問題がありました。
休止する1点目の理由は、時代が進んでこの問題があまりなくなったというのがあります。

次に2点目。
こちらが一番大切なことでものすごく当たり前のことなんですけど....
『企業は利益の拡大を目指さなければならない』
というミッションが大前提としてあり、それが私たちには逆に重荷になってしまった、という点です。

企業は存在し続ける限り、常に新しい事業を考え出して利益を拡大し、雇用の拡大を目指さなければなりません。

そのために色々な挑戦もしてみましたが....
私は事業家ぜんっぜんむいてない(笑)
驚くほど向いてなかったんですよね〜。あんまり楽しむこともできなかった。だったらもう肩の荷を降ろしちゃおうよ、というのが今回の決定に至った理由です。

私も弊社の役員も、単純にいちクリエーターとしての自分自身の生き方を大事にしていきたいと思いました。

=======

・解散ではなく休止を選んだ理由
休止という形を選んだのは、1点目の企業間取引においてもしかするとまた法人格が必要かも?という可能性がなきにしもあらずだからです。
もいっかい作るのは大変だからね。
あと、手続き的に簡易化できるというのもあります。
数年様子をみてもう必要ないなと判断すれば、解散したいと思います。

=======

・法人成りを検討しているフリーランスの方へ
最後に、フリーランスで節税目的等で会社を作ろうとしている方々に、老婆心ながらご忠告です。

上記にも書いた通り、企業は利益の拡大がミッションです。
毎年成長していくような事業戦略が立てられない場合は、法人にするのはやめた方がいいです。

あと肌感的に最低3000万くらいは年商でないと、法人にする意味ありません。デザイナーやエンジニアでフリーランスでそれぐらい稼ぐってそんなに簡単ではないと思うので、同じような職種でフリーランスの人には法人にする意味ってあんまりないんじゃないかな、と思います。
逆に法人を運営するのに振り回されます。法人税ってマジで高いよ。

法“人格” というくらいあって、会社というのは別の人間のようなものです。子供を一人育てるような気持ちでない限り、余計な荷物を背負っちゃうことになりかねません。

会社を継続するために嫌な仕事でも受けて働く、なんてなったらクリエーターとしては愚の骨頂です。
法人成りを検討する前に、自分がどのように働きたいかを明確にすることだと思います。

=======

私は私らしくマイペースに頑張っていきます。
この経験が皆様のヒントになれば幸いです!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9

オオカワマリのnote

UX / UIデザイナー、オオカワマリのnote。 IT&テクノロジー情報やマーケティングに関する話題を更新します。

MARKETING

UXデザイナーの観点から書く、心理学等を含むマーケティングやコミュニケーションにまつわる記事です。

コメント2件

お疲れ様でした~!
ありがとうございます ^^
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。